9/13(日)懇親BBQ開催しました

C360_2015-09-13-13-45-03-514この週末9/13(日)は、通算18回目のグリーフケアプログラムの開催でした。
いつもは午後から2時間ほどのプログラムですが、今回は午前中に1時間ほどのショートプログラム。
そして、午後からはプログラムに参加いただいているご家族皆さんとAIMSのボランティアファシリテーターでの懇親BBQを開催いたしました。
全員で24人。うち子どもさんが10人。
初めての試みで、どんな品目が喜んでいただけるのかどきどきしながらの準備でしたが、マシュマロ焼き、餃子の皮ピザ、かき氷など、縁日のように楽しんでもらえたようです。
時々は、こういったイベント的な企画も良いですね。

10/31(土)~11/1(日)AIMS ファシリテーター養成講座開催のお知らせ

2015年10月31日(土)~11/1日(日)の日程で、AIMS ファシリテーター養成講座を開催いたします。

2日間の特別プログラムで、子どものグリーフケアに携わるための専門的な知識とノウハウを学ぶ内容となります。
講座の詳細と、応募方法は、以下のpdfファイルからご確認ください。

AIMS ファシリテーター養成講座

10/18~19AIMS ファシリテーター養成講座開催のお知らせ

2014年10月18日(土)~19日(日)の日程で、AIMS ファシリテーター養成講座を開催いたします。

2日間の特別プログラムで、子どものグリーフケアに携わるための専門的な知識とノウハウを学ぶ内容となります。
講座の詳細と、応募方法は、以下のpdfファイルからご確認ください。

AIMS ファシリテーター養成講座

7/3(木)読売新聞夕刊でご紹介いただきました

読売新聞夕刊にAIMSの記事が載りました。
AIMS設立の経緯から、現在の活動状況、グリーフケアプログラムの具体的な内容など。
AIMSの顧問を務めていただいている明治学院大学名誉教授の井上孝代先生への取材・インタビューを交えてご紹介いただきました

3/16・5/25・7/6・9/28・11/16の各日曜日でグリーフケアプログラムを開催予定です。

親をがんで亡くした子どものためのグリーフケアプログラムの今後の予定です。
次回3/16(日)の開催です。
それ以降、今年は、5/25・7/6・9/28・11/16の各日曜日での開催を予定しております。

このプログラムは、同じ立場・境遇にあるもの同士がサポートすることを目的としたピアサポート・プログラムです。訓練を受けたファシリテーターの見守りの中で、子ども同士が話をし、共に遊ぶことで、グリーフのケアの場を提供するものです。

また、保護者の方についても、保護者の方同士の大人のグループで、子育てに関する不安や、ご自身の喪失体験を話し合い分かち合うピアサポート・プログラムを実施いたします。

このプログラムへの参加を希望される皆様を募集いたします。
詳しくは、こちらのご案内ページをご確認ください。

AIMS 子どものためのグリーフケアプログラム

11/24(日)・1/19(日)・3/16(日)にグリーフケアプログラムを開催します。

親をがんで亡くした子どものためのグリーフケアプログラムの今後の予定を決定いたしました。
11/24(日)・1/19(日)・3/16(日)の開催となります。

このプログラムは、同じ立場・境遇にあるもの同士がサポートすることを目的としたピアサポート・プログラムです。訓練を受けたファシリテーターの見守りの中で、子ども同士が話をし、共に遊ぶことで、グリーフのケアの場を提供するものです。

また、保護者の方についても、保護者の方同士の大人のグループで、子育てに関する不安や、ご自身の喪失体験を話し合い分かち合うピアサポート・プログラムを実施いたします。

このプログラムへの参加を希望される皆様を募集いたします。
詳しくは、こちらのご案内ページをご確認ください。

AIMS 子どものためのグリーフケアプログラム

7/20(土)第5回 AIMS 子どものためのグリーフケアプログラム参加者募集

7/20(土)に、親をがんで亡くした子どものためのグリーフケアプログラムを開催いたします。

このプログラムは、同じ立場・境遇にあるもの同士がサポートすることを目的としたピアサポート・プログラムです。訓練を受けたファシリテーターの見守りの中で、子ども同士が話をし、共に遊ぶことで、グリーフのケアの場を提供するものです。

また、保護者の方についても、保護者の方同士の大人のグループで、子育てに関する不安や、ご自身の喪失体験を話し合い分かち合うピアサポート・プログラムを実施いたします。

このプログラムへの参加を希望される皆様を募集いたします。
詳しくは、こちらのご案内ページをご確認ください。

AIMS 子どものためのグリーフケアプログラム

6/29(土)大阪6/30(日)東京「大切な人を失った子どもたち〜これからのグリーフケア〜」講演会

子どもグリーフサポートステーション、朝日新聞厚生文化事業団主催の講演会のお知らせです。

Kids Hurt Too Hawaiiからシンシア・ホワイトさんをお招きし、子どもグリーフサポートステーションの西田正弘さん、大阪ではぐりーふサポートハウスの佐藤まどかさん、東京では小嶋リベカさんが講師となって、深い悲しみを抱える子どもに、私たち大人がどのように向き合っていくのかを考える講演会になります。
また、作家の落合恵子さんの講演も予定されています。

「大切な人を失った子どもたち〜これからのグリーフケア〜」講演会

シンシア・ホワイトさんは、昨年のAIMSファシリテーター養成講座の講師を務めていただきました。
現在AIMSの開催している子どものためのグリーフケアプログラムは、シンシアさんにご支援いただき、Kids Hurt Too Hawaiiのプログラムをベースに作られたものです。

また小嶋リベカさんには、今年のAIMSファシリテーター養成講座の講師をお願いしており、隔月開催のグリーフケアプログラムにも、ファシリテーターとしてご参加いただいている方になります。私たちも毎回小嶋さんに様々な教えをいただいております。

8/3~4 AIMS ファシリテーター養成講座開催のお知らせ

2013年8月3日(土)~4日(日)の日程で、昨年に続き、AIMS ファシリテーター養成講座を開催いたします。

2日間の特別プログラムで、子どものグリーフケアに携わるための専門的な知識とノウハウを学ぶ内容となります。
子どものグリーフケアに関心があり、支援活動へ携わることを希望されている方や、今後のAIMSグリーフケアプログラムの活動(現在隔月で開催中)にボランティアファシリ
テーターとして積極的に参加いただく意欲をお持ちの方を歓迎いたします。
講座の詳細と、応募方法は、以下のpdfファイルからご確認ください。

AIMS ファシリテーター養成講座

講座開催の主旨

AIMSでは、がんでなくなるパパやママをもつ子どもさんたちを支えていくために、子どもさんと親御さんにご参加いただくグリーフケアプログラムを開催しております。
開催にあたっては、カウンセリングやグリーフケアの専門家など、専門的な知識を持つ人々との協働をして参りますが、 AIMSの活動に賛同いただき、自らワークショップのファシリテーターとして参加いただけるボランティアも募集しております。
ボランティアとしてのワークショップへの参加にあたっては、熱意だけでなく、子どもさんや親御さんの気持ちにどう寄り添っていくのかという一定の知識やノウハウが必要となります。
この講座は、カウンセリングやグリーフケアの専門家でない一般の方がボランティアとして参加いただく場合に、予め受講していただくことをお願いしているものです。

5/18(土)第4回 AIMS 子どものためのグリーフケアプログラム参加者募集

5/18(土)に、親をがんで亡くした子どものためのグリーフケアプログラムを開催いたします。

このプログラムは、同じ立場・境遇にあるもの同士がサポートすることを目的としたピアサポート・プログラムです。訓練を受けたファシリテーターの見守りの中で、子ども同士が話をし、共に遊ぶことで、グリーフのケアの場を提供するものです。

また、保護者の方についても、保護者の方同士の大人のグループで、子育てに関する不安や、ご自身の喪失体験を話し合い分かち合うピアサポート・プログラムを実施いたします。

このプログラムへの参加を希望される皆様を募集いたします。
詳しくは、こちらのご案内ページをご確認ください。

AIMS 子どものためのグリーフケアプログラム